バラクーダネットワークス 日本オフィシャルサイト バラクーダネットワークス 日本オフィシャルサイト

WAF | 物理アプライアンス

  • モデル 360 460 660 860 960
    処理能力
    対応する
    実サーバ
    1-5 5-10 10-25 25-150 150-300
    スループット 25Mbps 50Mbps 200Mbps 1Gbps 5Gbps
    ハードウェア
    フォームファクタ 1Uミニ 1Uミニ 1Uフルサイズ 2Uフルサイズ 2Uフルサイズ
    寸法(cm) 42.7 x 4.3 x 35.6 42.7 x 4.3 x 35.6 42.7 x 4.3 x 57.4 44.2 x 8.9 x 64.8 44.2 x 8.9 x 64.8
    重量 (kg) 5.4 5.4 11.8 20.9 23.6
    データパスポート 2 x 10/100 2 x GbE 2 x GbE 8 x GbE1 8 x GbE*1
    2 x 10GbE*1
    マネジメントポート 1 x 10/100 1 x 10/100 1 x 10/100/1000 1 x 10/100/1000 1 x 10/100/1000
    AC入力電流
    (amps)
    1.2 1.4 1.8 4.1 5.4
    ECCメモリ
    機能
    レスポンス
    コントロール
    Advanced Threat Protection*2
    アウトバウンド
    データ盗難防御
    ファイルアップロード
    コントロール
    SSLオフロード
    認証と権限
    脆弱性スキャナ連携
    DDos攻撃の防御
    Webサイトスクレイピング
    からの防御
    ネットワーク
    ファイアウォール
    高可用性 アクティブ
    /パッシブ
    アクティブ
    /パッシブ
    アクティブ
    /パッシブ
    アクティブ
    /パッシブ
    アクティブ
    /パッシブ
    JSONセキュリティ
    キャッシュと圧縮
    LDAP/RADIUS連携
    負荷分散
    コンテンツルーティング
    アドバンスドルーティング
    アダプティブプロファイリング
    ファイルアップロード
    ・アンチウィルス
    URLの暗号化
    XMLの
    ファイアウォール
  • *1ファイバーNICおよびイーサネットバイパスはオプションで利用可能です。
    *2Advanced Threat Protectionサブスクリプションが必要です。
    ※仕様は予告なく変更される場合があります

WAF | 仮想アプライアンス

  • モデル 360Vx 460Vx 660Vx 760Vx 860Vx 960Vx
    処理能力
    対応する
    実サーバ
    1 - 5 5 - 10 10 - 25 25 - 50 50 - 150 150 - 300
    スループット 25Mbps 50Mbps 200Mbps 500Mbps 1Gbps 5Gbps
    CPUコア数 2 4 6 8 10 12
    機能
    SSLオフロード
    レスポンスコントロール
    アウトバウンドデータ盗難防止
    ファイルアップロードコントロール
    ファイルアップロードのアンチウィルス
    Advanced Threat Protection*1
    認証と権限
    BASIC AAA
    Advanced AAA*2
    Webスクレイピング保護
    ネットワークファイアウォール
    高可用性 アクティブ/パッシブ アクティブ/パッシブ アクティブ/アクティブ アクティブ/アクティブ アクティブ/アクティブ アクティブ/アクティブ
    XMLファイアウォール
    URL暗号化
    アダプティブプロファイリング
    脆弱性スキャナ統合
    負荷分散
    キャッシュと圧縮
    コンテンツルーティング
    高度なルーティング
  • *1Advanced Threat Protectionサブスクリプションが必要です。
    *仕様は予告なく変更される場合があります

WAF | Microsoft Azure

  • インスタンス名 SMALL(D1) Medium(D2) Large(D3) Extra Large(D4)
    処理能力
    バーチャルコア 1 2 4 8
    スループット 100Mbps 200Mbps 400Mbps 750Mbps
    毎秒のHTTP接続 5,000 7,000 10,000 14,000
    毎秒のHTTPリクエスト 5,000 7,000 10,000 14,000
    機能
    レスポンスコントロール
    Advanced Threat Protection*1
    アウトバウンドデータ盗難防止
    ファイルアップロードコントロール
    SSLオフロオード
    認証と権限
    脆弱性スキャナ統合
    ネットワークファイアウォール
    Webスクレイピング保護
    高可用性 Config Sync Config Sync Config Sync Config Sync
    キャッシュと圧縮
    BASIC AAA
    Advanced AAA
    負荷分散
    コンテンツルーティング
    アダプティブプロファイリング
    URL暗号化
    ファイルアップロードのアンチウィルス
    XMLファイアウォール
    JSONセキュリティ
  • *1Advanced Threat Protectionサブスクリプションが必要です。
    *仕様は予告なく変更される場合があります

WAF | Amazon Web Service

  • インスタンス名 M3.Medium
    Level1
    M3/M4 Large
    Level5
    M3/M4 XLarge
    Level10
    M3/M4 2XLarge
    Level15
    処理能力
    バーチャルコア 1 2 4 8
    スループット 100Mbps 200Mbps 400Mbps 750Mbps
    毎秒のHTTP接続 5,000 7,000 10,000 14,000
    毎秒のHTTPリクエスト 5,000 7,000 10,000 14,000
    機能
    レスポンスコントロール
    Advanced Threat Protection*1
    アウトバウンドデータ盗難防止
    ファイルアップロードコントロール
    SSLオフロオード
    認証と権限
    脆弱性スキャナ統合
    ネットワークファイアウォール
    Webスクレイピング保護
    高可用性 Config Sync Config Sync Config Sync Config Sync
    キャッシュと圧縮
    BASIC AAA
    Advanced AAA
    負荷分散
    コンテンツルーティング
    アダプティブプロファイリング
    URL暗号化
    ファイルアップロードのアンチウィルス
    XMLファイアウォール
    JSONセキュリティ
  • *1Advanced Threat Protectionサブスクリプションが必要です。
    *仕様は予告なく変更される場合があります

WAF | SaaS型WAF(WAF-as-a-Service)

SaaS型WAFによりあらゆるプラットフォームの
Webアプリケーションセキュリティを保護

Webサイトは、いまや企業・組織の顔、ビジネスには不可欠な存在となりましたが、不特定多数の利用者がアクセスするため日々さまざまな脅威にさらされています。Webサイトを守るために、ファイアウォールやIDS/IPS、UTM(統合脅威対策)といったネットワークセキュリティが広く利用されていますが、それらのセキュリティを導入しているから大丈夫だとは言い切れません。 特にWebサイトのセキュアプログラミングには卓越したスキルと労力が必要となり、 常に最新のセキュリティレベルを保つには、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)の導入が必要不可欠です。 しかしながらWAFの導入・運用の手間とコストを考えると、二の足を踏んでしまうのも事実ではないでしょうか。 Barracuda WAF-as-a-ServiceはBarracuda WAFのテクノロジを搭載したSaaS型のWAF。 シンプルな5ステップのウィザードと、あらかじめ用意されたテンプレートにより、数分でWebサイトの包括的に保護します。

Barracuda WAF-as-a-Service はこんな方におすすめです

ハッカーからの攻撃による情報漏えいを未然に防ぎたい
ハッカーからの攻撃による情報漏えいを未然に防ぎたい
ハードウェアやクラウドを管理する必要なくWAFを導入したい
ハードウェアやクラウドを管理する必要なくWAFを導入したい
WAFの管理にかける時間を極力減らしたい
WAFの管理にかける時間を極力減らしたい
※サービス提供パートナーについての詳細は、順次、追加・更新してまいります。

クラウドベースのサンドボックス機能を搭載し、3階層によるマルウェアスキャンを実行するBarracuda ATP(Advanced Threat Protection)に関する詳細の資料はこちらからダウンロードください。

次世代ファイアウォールとWAF、その違いとは?

バラクーダによく寄せられる質問のひとつ、次世代ファイアウォールとWAFの違いについて、わかりやすく動画でご紹介しています。ネットワークインフラストラクチャ、帯域幅、ユーザを保護する一方、Webサイトやアプリケーションを攻撃から保護するには、Webアプリケーションファイアウォールが最適です。